ホーム  > 取り扱いブランド紹介  >  存仁堂 / TSUN JEN TOUNG の紹介

存仁堂/Tsun Jen Toung 台湾現代陶芸を代表する陶磁工房『存仁堂』気鋭の陶芸家が見たガラスアートの可能性。

『 存仁堂 』 は 1982年 台湾で気鋭の陶芸家である 李存仁(Tsun Jen Lee)氏 が、同じく
陶芸家であり、妻である 汪弘玉(Wang Hung Yu)氏 と共に創立した陶芸工房です。

かねてより “表現” という力だけに頼らない存仁堂の “技術” の高さは、それまでの
陶芸における常識の概念を次々と打ち破る作品を世に生み出してゆきます。
高度な技術に裏打ちされたそれら独創的な存仁堂の作品群は、台湾で数々の著名な
賞を取るにとどまらず、海外の美術館にも作品が永久保存される事になります。

陶芸家として順調に歩む彼の 新たなる表現に選んだ舞台、それが “琉璃ガラス” でした。
琉璃ガラスの持つ華やかな色彩と決して相反することなく内在する透明感、それはまるで
強靭さとしなやかさを合わせ持つ命の輝きのように彼の想像力を刺激する事になるのです。

クリスタルに映す『生命』の輝き “LIFE”It is a Reflection of Brightness

『 存仁堂 』 の琉璃ガラス作品の特徴の一つに、その独特な作品テーマがあります。
それらは蝉や朽ちた腐木、蟹、フジツボなど、一見するとクリスタルアートの題材としては
敬遠されがちな題材が少なくありません。

しかし 李存仁氏 の目を通して見る自然観、強い力を宿した生命という輝きは 琉璃ガラス
という自己主張を持つ色彩世界と共に、クリスタルというきらめきと反射を通して映し出す
『 生命 』 の輝きとして、作品に確かに昇華されています。

陶芸家という枠に収まらず、自己の表現を追い求めてきたアーティスト 李存仁 だからこそ
辿り着いた独特の境地は、琉璃ガラスの表現の豊かさを確かに証明してくれるのです。

“職人”にこだわり抜く、新たな琉璃の世界

『 存仁堂 』 が手掛ける琉璃ガラス作品のもう一つのシリーズが、李存仁氏の妻であり
陶芸家である 汪弘玉(Wang Hung Yu)氏 と共に制作に取り組む磁器と琉璃ガラスを
融合させた一連の茶器作品 『 琉璃耳杯〜佳人有約〜 』 シリーズです。

異なる素材の融合というこれまでに無い茶器作品を生み出すという目標に向け二人は
時に支えあい、時に陶芸家として意見を戦わせます。
一年半もの試行錯誤の末、琉璃ガラスが磁器に自然に溶け込むよう工夫が施された
一連の作品はその年、台湾で名誉ある “ 台湾手工業展 ” で最優秀賞を受賞します。

李存仁の大胆な表現と釉薬の深い味わい、そして汪弘玉が描く繊細なラインと優雅な
色彩の美しさは、『 私たちは二人揃ってはじめて 李存仁 であり 汪弘玉 なのです。 』
と語るように、見る者に温かく柔らかな調和を投げかけてきます。

存仁堂の主な歩み History of Tsun Jen Toung

1975年 李存仁氏、汪弘玉氏、共に台湾の国立大学である中国文化大学を卒業。
1982年 独自の陶芸工房となる 『 存仁堂 有限公司 』 を設立。
1983年 日本 西武百貨店での作品展示に合わせ、台北の老舗陶画廊 『 力霸藝廊 』
にて個展開催。
1986年 台湾の名門ホテル圓山飯店にて作品の展示会を開催。
1993年 中国 福建省で開催された “国際陶芸フェスティバル” にて一等を受賞 。
1994年 中国 “第五回全国陶芸品評会” にて二等,三等をW受賞。
1996年 台湾を代表する陶芸家として米国Cincinnati美術館に作品が永久収蔵される。
1997年 米国ロサンゼルス、ドイツにて 『 存仁堂 』 作品が巡回展示される。
1997年 台湾陶器の里 『 鶯歌陶芸博物館 』 にて作品が永久収蔵される。
1998年 カナダVancouver美術館にて台湾を代表する陶芸家として出展紹介。
1998年 同年、李存仁氏が鶯歌陶芸文化発展協会の理事に就任。
2000年 琉璃ガラスを用いた茶器 『 琉璃耳杯 』 が “台湾生活品展” にて最優賞を受賞。
2000年 同年、北京歴史博物館に作品が20世紀を代表する作品として永久収蔵される。
2003年 茶器シリーズ 『 琉璃耳杯 』 の新作が “台湾良品美器03’最造形賞” を受賞。
2005年 存仁堂独自の技術力の高さが認められ東京 “国際ナノテクノロジー総合展” に
陶芸家として異例の出展となる。

【取り扱いブランド紹介】一覧に戻る

このブランドの商品
/

螽斯對杯

15,300円(税込)

/

楓葉對杯

15,300円(税込)

/

報春(香旁鼻

29,800円(税込)

/

形影相随

52,800円(税込)

/

謝羅(蟹螺)

52,800円(税込)

このページの先頭へ