ホーム  > 取り扱いブランド紹介  >  匠門琉璃 / Art Family の紹介

匠門琉璃/Art Family 琉璃の可能性を開拓し続ける新鋭的ガラススタジオ 遊び心あるデザインと、吉祥を込めた華やかな色彩が特徴的な 『匠門琉璃』。インテリア建材等も手掛け、独自の展開が評価される琉璃ガラススタジオです。

“職人”にこだわり抜く、新たな琉璃の世界

『 匠門琉璃/Art Family 』 は2001年に誕生した、上海を本社に置く新鋭的な琉璃ガラススタジオとなります。

作品の制作指揮、デザインマネージャーに彫刻家として有名な楊奉琛(Arthur Yang)氏が監修を行っていますが、
匠門琉璃はあくまで自らをプロフェッショナルの琉璃ガラス職人集団 〔 = Art Family 〕 として位置づけをした上で
他のデザイナーや異なる業種とのコラボレーションを積極的に展開しています。

アトリエや工房では無く、あくまで “スタジオ” として歩む匠門琉璃のポリシーは琉璃ガラスの新しい可能性を
開拓し続けています。

伝統をユニークに表現する匠門琉璃の魅力

匠門琉璃の作品特徴の一つには、中国の文化的要素を色濃く、そして大胆に取り入れている点があります。

台湾で誕生し発展を遂げてきた他の琉璃ガラス工房とは作風が異なり、上海で生まれた匠門琉璃の作品には
中国の歴史や故事をテーマにした作品や、クリスタルの独特な色彩で吉祥を表現した作品が制作されています。

そして何より、それら古来より中国で大切に受継がれてきた伝統や思想を作品に強く反映させながらも、
古さを感じさせない現代的でユニークな解釈が匠門琉璃の最大の魅力として愛されているのです。

琉璃の可能性を開拓するアプローチ

今日、匠門琉璃は琉璃ガラス工芸の新たな分野を開拓し続けるスタジオとしても知られています。

特に匠門琉璃の最大の功績とも言える事に、ショップインテリアやハウスアクセサリーとも言える建材分野への
進出が挙げられ、それら新境地の開拓は中国でもセンセーショナルに紹介されました。

水辺をモチーフに作成された爽やかな洗面ボウルや、時間や天候によって色彩が鮮やかに変化する明り窓、
道行く人を立ち止まらせるユニークに形作られたエントランス用のドアハンドル等、琉璃ガラスの魅力を最大に
引き出したインテリア建材が、様々な家やショップに独自の個性を与えています。

【取り扱いブランド紹介】一覧に戻る

このブランドの商品
/

商品名

55,555円(税込)

/

商品名

XX,XXX円(税込)

/

商品名

XX,XXX円(税込)

/

商品名

XX,XXX円(税込)

/

商品名

XX,XXX円(税込)

このページの先頭へ